インプラント手術前に確認したい!治療後に気をつけること【2】インプラントの歯周病

こんにちは。
北九州市八幡東区の歯医者「仁歯科はるのまち」です。
 
インプラントは、失った歯を補い、自分の歯がよみがえったかのような感覚で快適に食事ができるため、人気の治療法です。
 
しかし、人工の歯であるインプラントは、自然治癒力や自浄作用などの免疫機能で守られている天然歯に比べて、細菌感染による炎症に弱いという側面があります。


(出典:日本口腔インプラント学会|インプラント周囲炎の発現のメカニズム) >

 
インプラント治療後は、インプラント周囲炎に注意が必要です。
インプラントの寿命を長く保ち、おいしく食事を続けられるよう、患者さまに知っていただきたい「メンテナンスの大切さ」についてご紹介します。
 
 

歯周病であるインプラント周囲炎に気を付けよう

インプラント周囲炎とは、天然の歯の歯周病と同じく、歯垢(プラーク)の炎症で発症するお口の病気です。
ブラッシングの磨き残しによってプラークがたまると、歯周病菌が増えて、インプラントを支える骨を溶かす可能性があります。
 
インプラント周囲炎は、以下の症状がみられる病気です。

・歯ぐきの腫れ
・歯ぐきからの出血
・インプラントのぐらつき
・歯ぐきが溶けてインプラントが見える
・インプラントが抜け落ちる

普段から、このような症状がないかチェックしておくと、インプラント周囲炎の早期発見につながり軽度の治療で済みます。
 
インプラント治療後に気づいたことがあれば、すぐにかかりつけ医を受診しましょう。
 
 

インプラントを長持ちさせるために気を付けること

インプラントを長持ちさせるためには、毎日正しく歯磨きすること、歯医者への定期検診、禁煙が必要です。
それぞれの内容を見ていきましょう。
 

自宅での正しい歯磨き

インプラントの歯磨きは、適切な歯みがき粉や歯ブラシを選び、歯間ブラシやフロスを併用するのがおすすめです。
かかりつけ医で、磨き残しが多い場所のアドバイスを受けて、歯に合わせたケア方法を学び、歯周病予防を心掛けましょう。
 

定期検診

セルフケアに加えて、歯医者での定期的なメンテナンスを取り入れる必要があります。
定期的に歯科医・歯科衛生士によるお口のチェックとクリーニングを受けて、お口の健康を保ちましょう。
 

禁煙

たばこを吸うと、インプラント周囲炎の一因となることが分かっています。
喫煙されている方は、インプラント治療をきっかけに禁煙してみませんか?


(日本インプラント学会|インプラント周囲炎に関連する全身リスクファクター) >

 

インプラントなら「仁歯科はるのまち」へご相談ください

当院の院長と副院長は、日本口腔インプラント学会の「口腔インプラント専修医」と「口腔インプラント専門医」の資格を持つ歯科医師です。
信頼性と成功率をかねそなえた「ストローマン」社のインプラントを採用し、精度の高いインプラント治療を提供しています。
インプラント治療後は、長期的に細やかなフォローをさせていただきますので、お困りの方はお気軽にご来院ください。
 


当院のインプラント治療 >

 

 
電話を
かける
WEB
診療予約
診療
時間表

tel. 093-616-7090

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30
休診日:日曜・祝日
★:土曜午後17時まで